【毎月5000円投資】 あなたの能力と資産を銀行口座に眠らせておくのはもったいない

今から30年ほど前の1990年代、



定期預金の金利は

まだ4~5%でした。



銀行にお金を預けていれば

コツコツと増えていった時代です。



金利が5%であれば、



毎月5000円の預金が

25年で292万円になる計算になるので、



これは142万円も

お金が増えていたことになります。



ですが、

あれから30年後の2020年現在。



世界中低金利、日本の定期預金の金利は

たったの0.01%、



これでは、

毎月5000円を貯金しても

25年でわずか1,728円しか増えません…。



しかし

その一方で、



同じ5000円を毎月預けても



25年で4,452万円に増えた可能性のある

「お金の預け場所」も存在します。



こちらの「預け場所」は、



1995年〜2020年の25年間、

毎年20.16%ずつお金を増やしてくれました。

(将来の成果を保証するものではありません)



金利で言うなら

「金利20.16%だった」

ということになります。





そして、

この記事では、毎月5000円投資の威力



この「預け場所」を変えるだけで人生が変わるのか、そしてそれをも上回る投資戦略について知りたい方



今すぐお金を

預け始める必要があるのか?



ということについて将来のリスク回避をし今から何か準備しようか悩んでいる人に向けてまとめました。



この記事でご紹介しているのは、

毎月5000円ほどの資金から

誰にでも取り組んでいただける方法です。






今から25年前 2人の会社員(45)が同じ会社の同じ部署にいました。 彼らは非常によく似ていました。 同じ会社、同じ部署、同じ給料。2人とも家族のために真面目に働いていました。 それから25年後。ある日曜日。 この2人は、駅でばったりと出会いました。 彼らは相変わらずよく似ていました。 ともに25年の年を取り、彼らは2人とも、会社を定年退職していました。2人とも同じ会社を最後まで勤め上げ、同じ役職まで昇進し、ほとんど同じ年収でした。退職金もほとんど同じでした。

よく似た2人でしたが違いもありました。

この日、一人は警備員アルバイトの面接に向かう途中で、もう一人は奥さんとフランス旅行に向かう途中でした。 一人は年金だけでは暮らしていけません。貯金は1000万円あるものの、それを切り崩す必要があります。



退職してからも生活費のためにシニアでもできるアルバイトを探しています。 もう一人はひと月当たり74万円の収入が入る仕組みができていました。


年間897万円の収入です。


使う分だけの収入が入ってくるので、もう働く必要はありません。



奥さんと年に2回の海外旅行に行くこともできます。 あなたはこの2人のように「人生を分けるものは何だろう?」と思ったことはありませんか?

それは、元々の貯金額でもなければ、特別なお金を増やすスキルでもありません。


片方が浪費家だったわけでもなければ、将来のお金のことを考えていなかったわけでもありません。


会社以外の副収入があったからでもなく、親から遺産を相続したからでもありません。 違いを分けたのは

「どこにお金を預けていたか?」

ということです。 2人とも預けた金額は同じでしたが、「預けた場所」だけが違ったのです。 一人はお金を銀行に預け、もう一人はお金を銀行ではなく証券口座に預け、

"とある方法" で株、為替、金などの金融資産を保有していたのです。


その"とある方法"が今回あなたに紹介する毎月5000円投資です。 (あくまで過去の価格推移、変動率からのシミュレーションです。今後同様の結果になることをお約束するものではありません。再投資を行った際の算出、税金、手数料等含まれておりません。) それでは5000円投資とは一体何か?


について簡単に説明します。



基本はシンプル。それは5年10年、そして20年と存在し続け、成長し続けていけるかどうか? ということを経済動向と、基本的なチャート分析スキルを用いて見定めて行くということ。

それを見つけ出す上で活用する“8つの厳しい条件“をすべてクリアした金融商品の選定方法こそが、今回あなたにご紹介している投資手法です。

実際に、いくらになっていくのか?

お金を銀行に預けた場合と投資した場合で、それぞれどれくらいの資産になったのかを見てみましょう。使う金額は毎月5000円を25年間分です。つまり150万円。 今から25年前の1995年6月から2020年6月まで毎月5000円を銀行に預けるか、積み立てるかで

4200万円 もの差が出ます。



25年で、銀行預金として5000円を銀行に預けるか、それともこの企業の株を買うかの違いだけです。 奥さんとフランス旅行に行った会社員に、ひと月当たり74万円の収入があったのは、月5000円の積み立てを25年間かけて4200万円以上にした資産から、毎年20.16%のリターンを得ていたからです。(*配当の再投資を含む*税金は含まない。) いかかでしょうか?これであなたもこういった投資に興味を持っていただけたのではないでしょうか?


しかし、、、 と思うかもしれません。

未来のことなので、今後もずっとこのような方法が通用するかどうかは断言できません。



ただ、この投資方法が5年、10年、20年...そして30年後も存続しあなたの資産を成長させ続ける手助けになるであろうと考えています。


そう考える5つの根拠として


根拠1)


経済動向が、短期的に変わることはそうそうあるものではありません。


ということは、方向性がわかればいずれ上がる。


または、下がる局面がくる。



この上がっても、下がっても利益が見込めるのが投資・トレードの魅力です。


短期的な投機的な値動きに振り回されることなく、本質を考えるのであれば実態経済の動向を先読みして、仕掛けていくことでいずれ値動きに反映されていきます。


それが数ヶ月、数年すると利益に変わる可能性が高いと考えることができます。


根拠2)


国の政策や法律も同様に、そう簡単にシフトするものではありません。


ひとつの法案が提案されてから施行されるまで何ヶ月もかかります。

結果がでてくるまで何年もかかります。


その間に、投資戦略の調整をしていくことで政府の政策に沿った形で投資することができるでしょう。


古来から現在までの人間の生活に欠かせないお金、株などそれが無くなる可能性が低く、投資対象としてこれからも姿、形は変わるかもしれませんが存在することでしょう。


根拠3)


人口動向やジェネレーションが変わるのと同じぐらいのスパンで時代が変わって来たことを考えると現時点で投資対象のテーマや市場が注目するものは変わる可能性があります。


しかし、それには軽く数年かかります。

人間の感覚も思考もそうそう変わるものでもありません。


それを、いくつかに区切って考えることによってより資金効率をあげることができます。


根拠4)


チャート分析の基礎はすでに100年も前から確立されてきたものも多く、それらのやり方は今でも通用しています。



ダウ理論や、酒田五法、グランビルの法則から移動平均線に関してもずっと使われてきています。


そういった、分析は数千種類にも及びますが私が有効だなと思うものだけをピックアップして使っていきますのでその方法を知って使いこなす練習をして行くことで近道ができます。


根拠5)


今回の例は、かなり控えめの年率20%でしたが投資・トレードで運用した場合完全放置とは行きませんが、数ヶ月でもそのパフォーマンスが可能ということです。


もう少し詳しく説明すると


年平均20.16%で成長している株や金融資産を5000円ほどの少額から保有することができるのですが



投資・トレードという方法をとると更に加速させることができます。



どういうことかというと25年間上がるのを待つのでは無く、日々の上げ下げや、1週間の値動きからトレーディングをして収益を取っていくやり方になります。


その方が資金効率が圧倒的に良くなり、すでに手遅れだ、、、なんて思っていた方でも追いつき、追い越してしまえるぐらいのインパクトがあります。



その代わりトレードの仕方や正しい知識を身につけ勉強する必要があります。 技術として トレードのやり方を一度身につけてしまえば先に述べたように数年、数十年と使っていくことができます。



例えば、5000円から、無理なく毎日1% 金額で言えば50円の収益をあげることができると


1ヶ月後 +20% の 6000円になります。

それに5000円追加していき

元本は、11,000円になりそれで運用すると


2ヶ月後 13,200円 +積立5000円


3ヶ月後には 21,840円


半年後には 59,578円


1年後に 237,480円になります。


2年後には 2,354,875円 と一気にこの1年で10倍になります。


このように資金が加速する運用方法のことを複利運用と言います。


このまま3年運用すると


14,793,274円


4年半後には


44,232,054円となります。


つまり、25年分の運用に匹敵するほどになります。


25年前から月に5000円をこの投資していれば、4200万円になりました。


トレーディングベースで運用する価値というのはここにあります。


そして、月平均20%のパフォーマンス


1日1%が出せればこの投資方法はあなたの人生を豊かにする価値があると思います。



その方法を学べるカリキュラムがあります

そこで、この投資方法があなたの豊かな人生のきっかけになれないかと考え、あなたが今日から積み立て投資を開始できるように、投資・トレードを勉強してトレードで運用ができるようになれるためのレッスン提供したいと思います。 あなたがこの手法のカリキュラムを手に入れるリスクをできるだけ抑えるために、1週間のお試し期間もおつけします。 予約やお問い合わせはコチラから


万が一、自分に合わないなと感じられたなら、登録日から1週間以内に見定めて、キャンセルしていただければ代金は一切かかりません。 しかも、それだけではありません。 投資初心者でもカンタンに“投資・トレード”を始められるように、特別講座「スキルアップ投資コンテンツ」もセットでお付けします。 投資・トレードを10年20年、続けるのにこれまで私が実践で養ってきた特別な投資知識、あるいは投資技術をマスターするチャンスとなります。



しかし、一方で長い年月トレードをしていく中で、まちがいなく出会うであろういくつかの苦難(たとえばリーマンショック、スイスショック、コロナショックのようなあなたの感情をゆさぶる世界的パニック等)を、どうやって乗り越えていけばいいのか? どういう準備が必要なのか?



その辺の

複利で億単位の資産を構築するための正しいマインドセット等についてはメンバーさんに精神と時の部屋にて常時情報シェアしながらお伝えしていきます。


投資の始め方、税制、手順についての質問などチャットで聞いたり参考書や動画も配信しています。


多くの日本人は興味があるけど実際に投資・トレードしたことがないと思います。


しかし、今ではインターネットさえあれば日本でも海外にいながらでも、日本に登録のある証券会社を通じて海外株や為替、金、原油、ETFなどを買える時代です。


証券会社の情報や、売買手数料、取扱銘柄等、面倒な情報収集をあなたの代わりに私がが行っているトレードノートのシェアもお付けしています。 コンテンツ動画やPDFは、通勤中などの隙間時間を有効活用して、いつでもどこでもご覧いただくことができます。


今すぐ、下の画像をクリックして、まずは概要をチェックしてみてください。




25年前。2人の会社員は同じ会社で同じ給料でした。その後、ともに会社を最後まで勤め上げ、同じ役職まで昇進し、同じぐらいの年収でした。


しかし、一人は定年退職してからも生活費のためにアルバイトの面接を受けに行き、もう一人は奥さんと2人でフランス旅行に出かけていました。 ここまで、何がこの2人の人生を分けたのかについて話してきました。それは、お金を銀行口座に預けておくか?それとも、投資・トレードの知識や技術を身につけるか?の違いだけです。 そして成果を保証するわけではありませんが、実際にすでにこの方法を使って資産形成を始められた方はこのような変化を感じられています。 (※あくまで個人の感想であり、成果を保証するものではありません。)



ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.