世界的な住宅バブルによる経済クラッシュよりもそれによる副作用が足かせとなる ZENの投資トレード相場解説 



・バーキン米リッチモンド連銀総裁:米経済は強い春と夏を迎える。


2021年の価格圧力を予想。


インフレは1年の現象ではなく多年にわたる。


1.9兆ドルの支援策で米経済はほとんど回復。


米経済はおそらく回復完了間近。


・米国 2月中古住宅販売件数年率換算件数: 622万件 (予想 650万件)



・黒田日銀総裁:2%のインフレターゲットはグローバルスタンダードで変更すべきでない。

ETFの買い入れは個別銘柄に影響が出ないようにTOPIX連動限定にした。

現時点でのETF買い入れ停止や売却は検討していない。


・日本 1月景気先行指数(CI)改定値: 98.5 (前回 99.1)


・日本 1月景気一致指数(CI)改定値: 90.3 (前回 91.7)





・ユーロ圏 1月経常収支(季調済:ユーロ): 305億 (前回 367億)


・クノット・オランダ中銀総裁:年初来の債券利回りの上昇は、景気回復を反映したもの。


・ラガルドECB総裁:短期的な経済見通しは、パンデミックやワクチン接種次第ということもあり、不確実性の影響を受ける。





・エルバン・トルコ財務相:財政政策が金融政策をサポートするだろう。


インフレ圧力が下がるまでマクロ政策を継続する。


自由な為替相場制度の実施を継続する。


・ムーディーズ・インべスターズ・サービス:トルコ中銀が政策金利を再びインフレを下回る水準まで引き下げる可能性。


エルドアン大統領による中銀総裁の解任で信用圧力が高まる。トルコへの資本流入が逆行する可能性は高い。




NZドル下げ止まらず、住宅価格抑制策を引き続き懸念 2月のNZ住宅価格は16年10月以来の高水準






ドイツなどでの新型コロナ感染者数の拡大を受けて、イースター時期の行動制限強化見込みなどが警戒材料。


ドイツ政府は封鎖措置を4月18日まで延長する方向で検討していると伝わった。感染率がこの1カ月でほぼ2倍になっており、メルケル首相と州の指導者たちが、今日の会議で合意したという。必要不可欠でない店舗の部分的な閉鎖やホテル、レストラン、ジム、文化施設などの閉鎖措置が延長されるという。




IBSによる中央銀行によるデジタルカレンシーについて


アメリカの給付金の状況


詳細は動画にて↓





ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.