7月の注目材料

4日は、独立日ですね。 


ここにきてアメリカとEUの貿易戦争がスタートしましたね。

追加の関税も検討しはじめているのが難点です。 

月初の、雇用統計がありますが大した、影響はなさそう。 


ボリスジョンソンが当選するか、英国に注目です。  各国が金利を引き下げていっています。 


という事は ドル


ユーロ


オージー


ニュージー


これらの通貨に対して円はどうしても買われやすい地合いなので注意。


FOMC が月末にありますので、利下げを25bpsするとなるのが想定シナリオですがその前後の要人発言に注目です。


7月末~8月初旬は米株の決算時期となるので株価指数からの影響に注意です。 8月になると、ついに日本に対しての貿易戦争が勃発予定です。

最新記事

すべて表示

ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.