貿易戦争は、いわゆる通貨安戦争でもある!?

トランプさんによって、関税がもっとかかるかG20後には

明確になると思われます。


本来は今年の2/1から関税を発動させるつもりだったが

これまでの期間にアメリカもそれなりに準備をして

着々と習さんの逃げ道を絶ってきている。 


中国は苦しい反面、面子を大事にする国なので

何としても屈することは許されない。


中国国内でも、習さんの政策に疑問を抱く声も

大きくなっているようだ。  


そして、フェーズは通貨安競争にもなってきているように

思われる。 中国当局は、7元というのを守る姿勢ではあるが切り下げを 繰り返しおこなってなんとか経済を支えてきた経緯がある。  しかし、一方的に安くすると為替操作国とされるばかりか

アジア通貨危機の時の様な、投げ売りになってしまう可能性も

あるので慎重におこなう必要がある。 


動画で、トレードと絡めてどの通貨を狙ってトレードしていけば

良いのかなどを解説してみました。





下の図のように8.27から6まで切り下がってきている。 そして今、また、7を上限にドル売り介入をしているのだろう。



一方トランプさんは、貿易赤字を減らすことを公約に入れているので

なんとしてでも最大の貿易赤字国としての中国を攻略したいのだろう。




しかし、データを見てみると、その様子はない、、、一回落ち着いたかのように

見えたが又ぶり返しているように見える。  とういことは、結局は最終的に全商品に対しての関税を課すということにつながり

そして、ドル安に回りから囲いこむようにして持っていくことで中国自体を

つぶしに来る作戦なのだろうか?




ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.