フィラデルフィアのシステ厶が盗難にあっていたのを覚えていますか?

ジョージア州の投票用紙は手で全て数え直すということが決まったようですね。


他の悪事や不正が次々証拠として上がってきています。



そういえば


10月にフィラデルフィアの投票機のプログラミングに使用されたコンピューターのサムドライブが、機械の製造元の従業員のラップトップとともに市の倉庫から盗まれました。






市のイーストフォールズセクションにある倉庫からアイテムが盗まれたと、市選挙委員会のスポークスマン、ニック・クストディオ氏は電子メールで簡単に述べ、「この事件が選挙の完全性を損なうことは決してないと確信している」と述べた。 大多数の民主党の都市で最初に盗難を報告したフィラデルフィアインクワイアラーは、彼らが今週盗まれたと言いました。




いかにも、盗んでくださいと言わんばかりのドアですね。



製造元であるネブラスカ州オマハのElectionSystems&Softwareの広報担当者Katina Granger氏は、このラップトップは「機密性の高い選挙関連データ」を保持しておらず、選挙プログラミングにも使用されていないと述べた。 彼女は、ES&Sは盗難を知った後、すぐにベンダーのネットワークから切り離したと述べました。


とありますが、危険性がないのであれば切り離す必要もなさそうにも思えますね。


グレンジャー氏は、盗まれたUSBドライブの詳細(盗まれた数や何が入っているかなど)に対処できなかったと述べました。

ペンシルベニアは、トランプが2016年に44,000票を獲得した重要な戦場であり、ヒラリークリントンがフィラデルフィアを67%の差、つまり475,000票で獲得しました。

つまり前回も、なにか悪さしている腐敗した州の可能性があります。

無党派のOSETインスティテュートの選挙安全保障専門家エディ・ペレスは、選挙の完全性に対するフィラデルフィアの有権者の信頼は、これまで欠けていた当局者からの透明性を要求すると述べた。

ES&SのGrangerは、同社のUSBデバイスは複数レベルの暗号化を使用しており、プログラミング中に単一の投票機と「関連」していると述べました。 しかし、ペレス氏は、フィラデルフィアが11月3日の選挙に向けてどの程度の計画を立てていたのか、つまり盗難がどれほどの脅威をもたらす可能性があるのか​​は、これまでのところ不明であると述べました。


「USBスティックには、選挙の構成と投票、および投票デバイスの動作だけでなく、選挙の検証に使用される内部システムデータにも関連する豊富な情報が含まれていることは非常に一般的です。 」とペレスは言った。

「原則として、これらのUSBのいずれかに情報を持っている人は、投票所でのデバイスの開閉を妨害する可能性があります。 それらは、画面上での投票の表示方法を混乱させる可能性があり、それらの投票の開票を混乱させる可能性があります。」


シースルーの中が見える部屋なら下見もしやすそうですね。


アメリカだったら、普通に車の中に荷物が見えるだけで盗まれますからね。

このぐらい楽勝でしょう。



ペレス氏によると、選挙の改ざんに傾倒している「インサイダー」は、投票をするために投票用紙マーキング装置のサブセットを変更するだけでよいという。


ジム・ケニー市長は電子メールでの声明の中で、警察が調査中であり、「強化されたセキュリティ」が倉庫に追加されると述べました。 「この問題は、フィラデルフィア人が投票することや、この選挙の安全に自信を持つことを思いとどまらせるべきではありません。」


さらなる事件では、なぜ公共のラジオ記者が木曜日の朝に邪魔されずに倉庫の投票機の保管場所に足を踏み入れたのか。 市のスポークスマンMikeDunnは事件を確認し、市長はまもなくサイトに24時間年中無休のセキュリティを追加すると述べた。


「これらの変更は迅速に実施されます」と彼は言いました。


事件の影響を受ける可能性のあるシステムは、ドナルド・トランプ大統領が根拠のない主張で信用を傷つけようと繰り返し求めてきた郵送投票と同じではありません。 火曜日に、フィラデルフィアは、公式の投票所とは見なされない衛星選挙事務所で、郵送または不在者投票の受け入れを開始しました。


ワシントンD.C.のFBI本部は、捜査を支援しているかどうかについてコメントを控えた。


国の8,800の投票管轄区域は州政府と地方政府によって管理されていますが、それらは重要な国家インフラストラクチャに指定されており、2016年のロシアの選挙干渉以来、複数の連邦機関がセキュリティ支援を強化しています。

という事なのですが、そもそもFBI CIAがディープステート側であらゆる隠蔽工作をしているだけに今後の展開に目が話せません。

ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.