7月のアノマリー 為替の傾向 トレード戦略の立て方

最終更新: 2020年7月29日

夏枯れ相場が意識されはじめる



日米の決算が月の半ばから月末にかけてある。 


その後の利確だったりするなかでの動きを掴む。 


円高には最終週ぐらいからなりやすい地合いにどうしてもなりやすい。


8月に向けてドル安?  円高? 


8月の中旬まで続く見立て


円高傾向になりやすいのでその為のポジション構築でもいいのかもしれませんね。




月末から、米株の決算時期のフローが8月中旬まで出やすい。 




2020 第3週から一気にドル円は107円から105円割れまで下がる。


105円になると、口先介入らしきニュースや政府が騒がしくなって底堅くなった感じがある。 


 







最新記事

すべて表示

ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.