バイデンは無事大統領になれるのか?


月曜日は、アメリカは祝日 マーティンルーサーキングジュニアというこれまた、このタイミングで、この祝日か! と言ったところなのですが、就任式は20日なのでトランプさんの最後のあがきが19日20日にどんな展開で現れるのか楽しみでもあります。 あがきというか、不正をしたり、闇金で中国にべったりなバイデンはアメリカの象徴といってもいいぐらいですね。  オバマも結局公約をかかげて何一つ成果をだしておらず、結局DSの思惑と共に経済は停滞し崩壊寸前のところでトランプにバトンパスした流れといってもいいでしょう。 今後のてんかいとしては、メディアなどでは、トランプは就任式の朝ホワイトハウスを出るということですが、そうなる前に一波乱あるか?  または、就任させてから、あえて暴露して顔に泥を塗る作戦もありえます。 アメリカ国民がこのままバイデンのいうことを聞くともおもえません。  あまりにもSNSで様々な憶測が飛び交って拡散されていますので、根強いトランプ派と、バイデン派で二分化はさらに悪化していくことでしょう。 バイデンの掲げる公約も経済にとっては後々に収集のつかないことになりそうなものがずらっと並んでいるだけに今後のアメリカの景気も一本調子で行けるとは到底思えないわけですが、バラマキをする限り、株価などは堅調に推移する可能性が高いでしょう。  今回は、ポンドドルの分析をトレーディングビューであげました。 https://jp.tradingview.com/chart/GBPUSD/hhe29uws/ 各通貨のポイントのハイライトの分析も今週は配信しております。 https://jp.tradingview.com/chart/AUDUSD/JoEh9OHw/ ドル円は、大してあがりませんでしたが、引き続き継続としています。 https://jp.tradingview.com/chart/USDJPY/xb2IkdZg/ ファンダメンタルズ情報やそのほかの通貨や注目ポイントはZENの精神と時の部屋にて配信しています。

FX入門読者へ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

【ゼントレ】為替予報士ZEN® 2009-2021 All Rights Reserved.