FXのやり方・はじめ方 初心者必見の知っておくべき知識

最終更新: 4月7日

FXの始めたいけどやり方が分からない、、、


とか、まずFXとは何か? について色々調べている間にこの記事に辿り着いたのではないでしょうか?



この記事ではよくある、初心者の方も分かるように簡単に解説していきます。


よくある解説に秘められた裏側の情報を交えてという意味での裏技です。


できるだけ最初から失敗しないように初心者が投資FXトレードで知っておくべき知識とやり方、手順を解説していきます。


どんな罠が仕掛けられていて、金融という業界の裏側の仕組みを知っておくだけでも皆さんが歩む道、選ぶ道は変わってきます。



主に


・相場の仕組み

・証券会社の意図

・アフィリエイト


これらの観点から、15年間この業界を見てきて気をつけた方が良い内容について一般論と裏側の話を絡めて進めていきます。


初心者が間違った解釈をしてしまいがちなよく見かける解説には


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


としてマークしていきます。



それでは始めていきます。


そもそものお話になりますが

FXとは「Foreign eXchange」の略で日本語の正式名称では「外国為替証拠金取引」と言います。


非常に長い上に漢字だらけですので、直訳の「外貨交換」でいいような気もしますが、このFXの正式名称にはFXの本質が詰め込まれています。


いわゆる外国為替証拠金取引は、金融商品取引法に規定されるデリバティブ取引という括りになります。

ニュースでも毎日為替の報道がされるように、世界各国が発行する通貨の価値は日々変動しています。

この「常に変動するお金の価値」を利用して取引するのがFXです。




例えば


1ドル100円の時にドルを買い、1ドル120円になったら円に戻すことで差額分の利益が出ます。

FXとはこのように、為替の差益を狙う取引が本流です。

但し、逆に1ドル80円など想定と反対に動いてしまうと損失になります。

しかし


FX会社がリスクを抑える仕組みを導入してくれていたり、リスクをコントロールする注文方法があったりと、きちんと取引をしていれば損失を怖がる必要はありません。

FXの正しいやり方の知識を得れば、必要以上に損失を怖がらずに利益を目指す事ができます。


と聞くとじゃあやってみようかな!と思うのですが


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


よく危ないんじゃないか?


と思っている方も多いのですが、そうなんですハッキリ言って危ないです。


何も知らずにやれば、ほぼ確実に資金は溶けるでしょう。


それは、車の運転を無免許でシートベルトせずに、200kmで高速を走るのと同じぐらい危険です。


だから、しっかりと良く内容を知っていき正しい基礎知識と技術を身につける必要があります。


その正しい基礎知識とは、どのレベルのことを言っているのか?


どの程度の技術が求められているのかが最初は見えてこないし定義がないので独学はかなり厳しいです。



とはいえ、誰かに教わる前の段階として ここでは


・FXのやり方解説

・FXで気を付けるべきこと

・取引のコツ


など、FX初心者が漠然と抱える「わからない」を優しく簡単に解説していきます。

■目次



・基本と用語


・FXのやり方


FX証券会社を選ぼう 口座を開設しよう 証拠金を入金しよう 取引を始めよう 取引方法を学ぼう

デモトレードで学ぼう

少額資金で始めてみよう


・FXを始める時の注意


・FXのやり方まとめ

・FX初心者向けQ&A

FXには多くの専門用語がありますが全てを覚える必要はなく、FXをする上で理解しておくべき用語はほんの少しです。

初心者がFXをする上で覚えておくべき用語を簡単に解説していきます。


◆レバレッジ →てこの原理

FXは通常1万通貨単位からの取引です。米ドルで取引するなら1万ドルから購入できます。 100万円という感覚で捉えると良いでしょう。

最近では1000通貨からと少額取引に対応したFX会社が増えてきていますが、それでも1000ドル=10万円相当からの取引です。

この場合、必要な資金は日本円で大体10万円ちょっとくらいです。 サラリーマンのお小遣いが月3~4万円程度が平均ということを考えても、さすがに10万円をいきなり投資につぎ込むのは躊躇しますよね。


そこでFXでは、レバレッジという仕組みで少額の資金でも取引が出来るようにしています。

レバレッジとは、FX会社に入金したお金を「証拠金」として最大その25倍までの取引が出来る仕組みです。

FXの日本語名に「証拠金」とあるのは、このレバレッジと言う仕組みを利用するのがFXでは一般的だからです。

レバレッジを利用することで、1000通貨、(1000ドル分)の取引も4000円程度とお小遣いレベルの少額資金で始める事ができます。

少額資金でも始められることがFXの魅力で、実際副業としてFXを始めているサラリーマンや主婦の方が急速に増えています。




◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


少額でも始められますが1000通貨でトレードした場は、取引スタイルにもよりますがイメージとして1回のトレードでせいぜい数十円~百円です。 1000円も1回で取れれば上出来でしょう。

注意点として、レバレッジを利用することで少額でも大きな利益を狙えますが、同時に損失も大きくなる可能性もあります。資金管理に無理のある取引には気を付けましょう。


◆スプレッド→取引手数料

スプレッドとは通貨を買う時の値段と売る時の値段の差の事を言います。 FX会社では売値と買値で微妙に違う値段を提示しています。

取引ツールやチャートでは買値をAskと、売値をBidと表示しているところも多いのでこれらの記載があったら買値と売値の事だと思ってください。 この差額がFX会社の利益になり、FX会社に支払う実質的な手数料となります。




AskとBidの差が小さい事を「スプレッドが狭い」と言い、差が大きいことを「スプレッドが広い」と言います。


当然スプレッドが狭い方がトレーダーが支払う手数料が少なく有利になります。

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢

最近では、手数料無料と打ち出している証券会社が一般的ですが、実際はスプレッドという形で取られています。


FX会社のHPではスプレッドは原則固定と書いてある所が多いですが、注意書きに「何時~何時までの間だけ適用」や重要経済指標発表時などは例外となり、スプレッドが変動する旨が書かれている場合もあります。

夕方以降など為替の変動が活発になる時は原則固定の範囲外となる事が多いので、FX会社を選ぶときのスプレッドの狭い広いは参考程度にしておいたほうが良いです。

むしろその他のサービスや初心者向けのバックアップが充実しているかなどを重要視しましょう。


◆スワップポイント→日々つく金利

FXでは日本より政策金利の低い国の通貨を保有することでスワップポイントと言う利益を得ることができます。

日本は世界でも有数の低金利国であり、ほとんどの国が日本よりも政策金利が高いです。

この政策金利の差がどれくらいあるかを参考にFX会社ではスワップポイントの額を決定、トレーダーに支払います。

どの通貨を買うとどれだけスワップポイントが貰えるかは、随時更新されますのでFX会社でチェックをしておきましょう。

例えば、日本の政策金利0.1%とアフリカ、ブラジル、メキシコ、トルコなどの政策金利が高い国があります。

この二国間の金利差が大きいほど、貰えるスワップポイントが大きくなる可能性があります。

トルコや南アフリカなどでは政策金利が7%台である事も珍しくなく、これらの国の通貨で高スワップポイントを狙った長期運用をする方も多いです。 その中でもトルコの政策金利は、2018年10月頃から、なんと24%と過去最高の数値まで上昇しています!


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


コロナによって世界的に低金利となってしまった現在ではスワップで稼ぐ手法は非常に効率が悪くなっていて古い戦略となります。


高金利の新興国通貨なども、経済状況が一層悪いため価格変動の損益に対してスワップ金利でカバーできないことが多いのでスワップで楽して稼ごうやめた方が良いです。


それでしたら、個別株やプラチナ投資などで長期保有していた方が良いと思います。

他にも、注意点が2点あります。

1つは逆に日本より金利の低い国の通貨を買ってしまった場合や、高い国の通貨を売っている状態です。逆にスワップポイントを支払う必要が出てきます。

もう1つは長期運用で利益を狙う場合に、為替変動に気を付け無ければならない点です。

スワップポイントで毎日コツコツ利益を得ても、為替の変動でスワップポイント利益よりも大きな為替差損が発生した場合、トータルでマイナスになってしまいます。

FXは平日はいつでも取引が出来るので、定期的に為替相場を確認して取引を続けるか、または一度決済するかを決めるようにしましょう。


◆ロスカット→損切り、ストップロス、損失確定のこと

為替が予測通りに動けば大きな利益を期待できるFXですが、予測とは反対に動いてしまった場合は損失となる恐れがあります。


そんな損失となる場面でも、口座に入っているお金以上の損失となる前に強制的に取引を終わらせて資金を守ってくれる仕組みが「ロスカット」です。

国内FX会社は必ずこの仕組みを導入してます。

このロスカットがあるおかげでFXは損失を怖がらずに利益を目指すことができるのです。

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


ロスカットがあるからと言っていつもマックスにレバレッジをかけているとすぐにロスカットになりロスカット貧乏になります。


海外の証券会社はゼロカットシステムだから安全などと言って海外の証券会社に誘導するアフィリエイターやブロガーがいますがデメリットも沢山あるので気をつけましょう。


ゼロカットとは、どんなに急激な変動でも資金よりマイナスにはならない、借金にはならないという謳い文句です。


日本の証券会社でも、海外に比べてすごくシステムが強いので急激な変動で借金になることはあまりなかったりもします。

実際にFXのやり方を見ていきましょう。

まずはFX会社を選ぶことです。

国内と海外の証券会社のそれぞれのメリット、デメリットがありますが、個人の好みの問題やトレードの幅によっても違いますので複数使ってみながら比べてみるのがオススメです。


FX初心者の方が注目するべき点というのがあるので紹介します。


【FX初心者が見るポイント】


①1000通貨以下の取引に対応している

1万通貨からではレバレッジを最大に効かせても万円単位の資金が必要になります。

まずは始めやすい1000通貨単位でFXを始めて慣れていきましょう。

②デモトレードを提供しているか

デモトレードとは本番と同じ環境でお金を使わずにFX体験が出来るシステムです。

FXとはどういうモノなのか?ここのFX会社のツールは自分に合っているのか?など、本番を始める前にFX練習することができます。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


デモと、リアルでは仕様が少し違います。


ですので、デモで練習したから大丈夫ということにならないことがあります。


③サービス内容・サポート体制は充実しているか

プロによる独自のセミナーを開催していたり、レポートが口座を持っていることで得られたりします。


電話サポート受付時間が長かったり、初心者向けツールが豊富だったりと初めての人向けのサービスが充実しているかは重要な判断基準です。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


証券会社の目的は


  • 口座を開いて貰うこと


  • 初心者でも、簡単にできるという固定概念を植え付けること


  • 手数料ビジネスなので、とにかく取引頻度を多くさせること


ですので解説者の手法や解説がそのように誘導されていくようなものになっていて実践で使えて勝てるかといえば1~2時間程度のセミナーでは限界もあることでしょう。


ゲストや、元ディラーなんて方も、それを踏まえて濁して解説したりしていますので気をつけましょう。


④手数料が安い

日本の国内証券会社は非常に競争が激しく手数料は似たりよったりです。


その中でキャンペーンなども上手く使いこなしたりするとよかったりします。 少々面倒でもコストや取引のスムーズ差にも影響し、最終収益にも影響します。


数ヶ月したらまた違う口座を作って自分にあった証券会社を探すのもオススメです。

極端な話、口座維持費などはかからないのでキャンペーンをうまく使いながら20万ぐらい半年から一年ぐらいかかりますが、儲けることがリスクフリーでできます。


興味がある方や詳しいやり方は、画像をクリックしてお問い合わせページよりメッセージください。 


そうは言っても選ぶのは大変ですので、ほとんどの証券会社を使ったことがある私が推奨する初心者にごオススメの優しいFX会社は別の記事でこの後ご紹介します。


開設自体はものの10分もあればできるほどの簡単さですので流れだけここでは、さっとイメージ付けておいてください。

FX口座の開設は、FX会社のホームページから行います。

口座開設に当たっての手順は各社HPに凄く丁寧に説明がありますのでそちらを例にして、FX口座の開設方法について順番に進めていきます。 ここでは大まかな流れを私の方でも書き留めておきます。

◆まずはFX会社のホームページへ

公式ホームページに行くと、口座開設のページがあるのでそこに行きましょう。 口座開設の流れは以下のようになっています。

◆必要事項の入力

登録画面に従って、必要事項を入力していきます。 同意や取引コース選択のチェックもあるので忘れないようにしましょう。 必要事項の入力が終われば、あとは本人確認書類を送付して口座開設の申し込みは完了です。

◆本人確認書類の提出

口座開設にはマイナンバーと、免許証などの顔写真付きの本人確認書類が必要です。 本人確認書類はスマホや携帯電話のカメラで撮影して送付することができます。 書類は両面必要になるので、撮影する際は裏面も忘れないようにしましょう。 本人確認書類の送付が終わると、ホームページでの申し込みは完了になります。 あとはFX会社で審査が行われ、一週間ほどでFX口座が開設されます。 FXの口座開設が初めての人は、 FX口座が開設されると、FX会社から口座のログイン情報が送られてきます。 ホームページからログインし、開設された口座に入金すると取引ができるようになります。

FX口座への入金は、インターネットバンキングを使うと便利です。 FX会社が提携してる金融機関とインターネットバンキング契約をすれば、「入金手数料無料」かつ「24時間いつでも入金反映」と非常に便利なクイック入金サービスを受けることができます!

このサービスを利用すれば、わざわざ銀行窓口やATMに行ってFX会社へ口座入金処理をする手間がなく簡単です。

口座に入金が完了したらさっそく取引をしてみましょう。 FXの取引は買ってから売る、あるいは売ってから買うまでが一つの取引の流れになります。



次にトレードの流れをイメージつけていきましょう。

◆通貨ペアを決める

取引は通貨の交換によって行われます。最初に説明したアメリカのドルと日本の円(米ドル/円)や、ヨーロッパのユーロとドル(ユーロ/ドル)など、FXには様々な通貨ペアが用意されています。 初心者はまず基本と言われる米ドル/円で取引してみましょう。

◆取引を始める

FX取引のやり方は通貨を買う(売る)ことから始まります。 最初に通貨を買う(売る)ことを、FXではエントリーと呼びます。 現在のレートから上がる(円安)と思ったら「買い」、下がる(円高)と思ったら「売り」でエントリーして取引を始めます。

◆ポジションを持つ

FX取引のやり方は買ってから売る、あるいは売ってから買うまでが一つの取引の流れになると説明しました。 つまりエントリーしただけでは取引は成立しません。 買いエントリーから始めた場合は、その通貨を売るまで取引が続きます。 買ってから売る、つまりエントリーと逆の注文をして取引を終了することを決済と呼びます。 FXでは、エントリーしてから決済するまでの状態を「ポジションを持つ」と言います。

◆タイミングを見て決済する

ポジションを持ったら、相場の動きを見ながら決済するタイミングを待ちましょう。 1ドル100円で買いエントリーした場合、円安で1ドル120円になったタイミングで決済(売る)すれば利益が手に入ります。 売りから始めた場合は、円高で1ドル90円になったときに決済(買う)することで利益が出ます。 予想と逆にレートが変動した場合は損失になるので注意が必要です。 ですが、このようにFXでは円安でも円高でも利益を出すチャンスがあるのです。

実際の取引画面を使ってFXのやり方を解説します。

スマホの場合と、PCでも基本は変わりません。

まずは、PC又は、スマホアプリを起動後、FX会社より送られてきたログインIDとパスワードを使ってホーム画面を表示させましょう。


新規で注文する方法は4つあります。

1つ目はホーム画面から取引したい通貨ペアを選んでタップする方法。 ここでは日本で一番人気の通貨ペア「米ドル/円(USD/JPY)」を選びます。

2つ目はチャート画面から。 タブバーの「チャート」をクリックしてチャート画面を開きます。 取引したい通貨ペアのチャートを開いて、画面左上の「注文」ボタンをタップで注文できます。

3つ目はメニュー画面を開いてから「レート」をタップ。 取引できる通貨ペアの現在の為替レートが表示されるので、取引したい通貨ペアを選んでタップしましょう。

最後

4つ目はメニュー画面の「新規注文」をタップすることで注文できます。

注文方法は沢山ありますが、どれも数タップで完了するので自分が一番使いやすいものを覚えておけば大丈夫です。

通貨ペアは「USD/JPY(米ドル/円)」。取引方法は一番簡単で分かりやすいクイックトレード(成行注文)のまま進めます。

あとは取引する数量(何通貨で取引するか)決める。


許容するスリッページは初期設定か、10と入力すればOKです!

クイックトレードの場合は他の所は触れなくて大丈夫です。

後は


「買(bid)」と「売(ask)」どちらで注文するのかを選んで完了です。


注文時はサーバーの混雑状況によって、ボタンを押してから注文が確定するまでにわずかな遅延が発生します。

遅延中に為替が動いた場合、押した時のレートとは若干違うレートで注文が確定します。

これを「スリッページ」や「注文が滑る」と言います。

この滑りをどこまで許すかが先ほどの許容値です。許容値を狭くするほど滑りにくくなりますが、その分注文が確定しづらくなります。


FXの大きな特徴の一つが通貨を持ってなくても気軽に「売り」から始めることができる点です。

「空売り」という手法なのですが、FX会社から通貨を借りてそれを売り、後で買い戻すようなイメージでいれば分かりやすいですね。

この空売りを自由にできるのでFXはどんな時でも利益を目指す事が出来ます。

注文した取引を決済するときはメニュー画面から「ポジション一覧」を開きます。

ここではポジション(取引中の注文)の損益がリアルタイムで確認できます。 先ほど注文したものをタップ、表示されている「買(bid)」か「売(ask)」のレートボタンを押せば決済完了です。

FXのやり方はこの様に非常に簡単です。

公式でも注文方法の動画や優しい解説がありますし、サポートも充実してるので分からないことがあったら気軽に聞いてみましょう。

最初は無理せず少額で初めて見るのがFXで成功するための賢いやり方です。


FX取引のやり方は大きく4つに分かれます。

ご自身のライフスタイルに合うやり方を選びましょう。

①デイトレード ・ スキャルピング

デイトレードとは1日の中でトレードを終了していく数時間単位などで短期的な動きを狙うやり方です。数分や数十分の感覚で取引を繰り返すやり方です。

分単位でも為替は小刻みに変動しており、その小さな変動を狙ってコツコツと利益を出していくことを目指します。

5分程度の時間があれば出来るので朝の出勤前やお昼休みなどちょっとした時間で行う方もいますし、仕事が終わった後でじっくりとデイトレードをするという方もいます。

デイトレードのメリットは取引中は画面を見続けているので相場の急変にもすぐに対応が出来る点です。

寝ている時や仕事中など見ていない所で相場が反対に動いてしまった、と言う心配をする必要がありません。

ただ熱中し過ぎて夜更かしをしてしまった、お昼休みを過ぎてしまった、と言うことがないように気を付けてください。

デイトレードよりも短い、数秒単位で取引を繰り返すスキャルピングというやり方もありますが、システムに負荷を与えるためスキャルピングを禁止にしている会社が多いので注意しましょう。


②スイングトレード

スイングトレードとは取引を始めたら1日~数日の間様子見を見ながら利確のタイミングを探るやり方です。

忙しいサラリーマンの方でもちょっと手が空いた時に相場をチェックするだけなので時間がとられることもありません。

その手軽さからサラリーマントレーダーの多くの方が行っている取引のやり方です。

注意点として、取引画面を見ていない時間帯の方が圧倒的に多いので相場が大きく動いて利益のタイミングを逃した、損失になっていた、となる場合があります。

FX取引では「ここまで動いて利益が出たら利確をしておいて」と言う注文や、「もしここまで損失になったら損切りしておいて」と言う注文を あらかじめ設定しておくことができます。

スイングトレードをする時はこういった予約設定をしておけばせっかくのチャンスを逃すこともありません。


③長期運用

日本のような政策金利が超低金利の国の通貨で、政策金利が高い国の通貨を買うとその金利差に応じてスワップポイントという利益を得ることができます。

買う外貨によっては日本で銀行預金をするよりもはるかに高い率のスワップポイントが見込めるので、長期運用目的でFXをするという方も多いです。 為替差益を狙ったFX取引と違って、外貨を買ったら後はそのままにしておくだけでいいので非常に簡単です。

特に南アフリカやトルコなどは政策金利が7.0%を超えるのも珍しくなく、高スワップポイントが期待されるとこれらの国の通貨が人気となっています。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢

ただスワップポイントについてはいくつか注意点があります。

まず日本より金利が低い国の通貨を買った場合や、金利が高い通貨を売っている状態の場合は金利差に応じて逆にスワップポイントを支払う必要があります。

短期であればそれほど気にする額ではないですが、長期で保有する場合はスワップポイントがプラスなのかマイナスなのかは確認しておきましょう。

また、スワップポイントで利益を得ても為替の変動で為替差損が発生してしまった場合、トータルでマイナスとなってしまう可能性があります。

しかし銀行が行っている外貨預金と違い、いつでも日本円に戻せますし戻すときの費用も銀行の外貨預金とはケタ違いに安いです。

長期運用している場合でも定期的に為替はチェックして、自分に不利になるレートになりそうなら一度取引を終わらせましょう。

また様子を見て取引を再開すれば良いのです。

このような自由度の高い取引が出来るのがFXの強みです。


④自動売買・サインツールの利用

FXでは自分ですべてを行う手動取引(裁量取引とも言います)の他に、システムにお任せる自動取引というやり方があります。

最近の自動取引のシステムは非常に優秀かつ設定が簡単になっており、数クリックの設定で賢く上手な取引をしてくれます。

手動取引では感情に流されやすく適切な取引タイミングを逃してしまいがちですが、自動取引システムならそのような事はありません。

特に初心者の方は売買タイミングに迷うことも多いかと思いますので、最初は自動取引のシステムに任せてみるというのも賢いやり方だと思います。

FXのニュースや情報を配信している会社は多いですが、注文方法と言ったFXのやり方をちゃんと教えてくれるFX会社は実は少ないです。

そんな中、各証券会社では取引方法を注文種類別に動画で優しく初心者向けに解説しています。

基本中の基本である「成行注文(クイックトレード)」から高度な注文方法である「IFO(OCO+IFDONE)注文」まで動画でしっかりと解説してくれています。

口座開設したは良いけどやり方が良く分からない…というFX初心者の方はまずは証券会社のホームページを確認してみましょう! FX会社の中にはデモトレードという無料でFXを体験することが出来るシステムを提供している会社があります。

デモトレードは本番と同じ環境で練習が出来るので、その会社の取引ツールの使い勝手やFXとはどういうものなのか?を試すのに持って来いです。 また実践前にデモトレードで色々な経験をする事は本番の時にも役立ちます。

FXで成功する為に大事なものの一つに「経験」があります。

デモトレードなら無料でこの経験を好きなだけ積むことが出来るのでまずはデモでFXのやり方を学んでみましょう。 デモトレードでFXのやり方を学んで実践!という時に大切なのはまずは少額資金で始めてみる、という事です。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢

練習は大切ですが、実際に自分のお金を使う実践とは心持ちが違うため、練習では上手くいったのに本番では怖さが出て失敗してしまう、、なんてのはよく聞く話です。

私は、デモトレードはそこそこにして、実践で慣れるためにまずは少額資金で始められるFX会社で取引をして行く方が断然良いと思います。

先に上げた証券会社ならどこでも、1000通貨取引対応のFX会社なので通常の10分の1の資金、4000円程度からFXの実践を行う事が出来ます。

これなら初めての実践でもし失敗しても損失は微々たるものです。

また4000円とは言え、実際は10万円分もの取引を行うので少なくない利益を狙う事もできます。

FX初心者の方はまずは1000通貨対応FX会社で、失敗しないFXのやり方を身につけましょう! FXで利益を目指すときにはリスクをしっかり理解しておく必要があります。

きちんと把握しておけば、むやみやたらに怖がることもありませんし、あらかじめ予防策を打つこともできます。


特にFX初心者が気を付けるべき事をまとめました。

①高・ハイレバレッジに注意

レバレッジを高めれば高めるほど少ない資金でも大きな取引が出来て大きな利益を目指せますが、その分もしもの損失も大きくなります。

特にハイリスクハイリターンを狙って「英ポンド/円」のような為替変動が大きい通貨ペアを最高レバレッジで取引するようなやり方は、強制ロスカットにかかりやすいです。

強制ロスカットとは、損が大きくなり手持ちの証拠金以上の損失になる前に強制的に取引を終わらせてトレーダーの資産を守るための仕組みです。

資産を守るための仕組みですが、高レバレッジで変動が大きい通貨ペアをした場合、利益側に変動する前に強制ロスカットを喰らい利益タイミングを逃すことが良くあります。

初心者の方は証拠金を多めに入れてレバレッジを低めにするようにしておくか、「米ドル/円」のような変動が緩やかな通貨で取引をしましょう。


しかし、ご安心ください国内の証券会社は25倍がマックスでそこまでハイレバレッジにはなりません。


海外の証券会社だと、100倍とか 888バイトとかありますので、、、


因みに通常、私がトレードする時は10~15倍前後のことが多いです。


②スワップポイントに注意

長期運用を目指す方にとって高スワップポイントの通貨は非常に魅力的ですが注意も必要です。

高金利の国の通貨は政治や経済不安などで為替変動が大きいものが多いです。

FXはいつでも取引を終わらせられ、再開もすぐにできるという普通の外貨預金にはないメリットがあります。

このメリットを生かして運用していくためにも、長期運用とは言え定期的に為替の動向はチェックするようにしましょう。

またFXでは買いだけでなく、売りから始める事が出来るためスワップポイントがマイナスになることも多いです。

デイトレードやスイングトレードなど数日程度ではほとんど気にすることもありませんが、長期で様子を見ようという時は今行っている取引のスワップポイントがプラスなのかマイナスなのかを把握しておきましょう。

③スプレッドは原則固定でも広がる場合がある

国内FX会社の多くはスプレッドを原則固定にしているので、海外FX会社の様に提示されていた以上に手数料が高くなった・・・なんて心配が不要です。

ただあくまで原則なので、夜間や重要経済指標発表時など取引が活発となる時は原則が外れてスプレッドが変動する場合があります。

海外FX会社や仮想通貨の様な高い手数料となるわけではありませんが、原則はあくまで原則と留意しておきましょう。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


スプレッドが広がっている時は、ショック的な動きや異常なときです。

動いている時なので危険と捉えて傍観するか、その値動きを狙うやり方もあります。


しっかり分析して、スプレッドが広がっていても利益は見込めるのであれば

トレードした方が良いというのが自分の意見です。


④色々な通貨ペアに手を出し過ぎない

FX初心者の方がよくリスクヘッジと言って色々な通貨ペアに手を出すことがありますが、、、危険です。

確かに1つの通貨ペアだけよりも複数の方が変動リスクを分散できますが、管理や情報収集が非常に大変となり、どれも上手くいかずにロスカット、、、なんて自体になりかねません。

まずは一つに絞ってFXのやり方に慣れる事に集中しましょう。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


よくこういう説明があるのですが、本当にそうなのでしょうか?


ドル円なんてここ数年ほとんど動きませんので戦略自体他の通貨と変わってきます。


動いてないのに分析しても中々通用しません。


ですから


ドル円でしっかり練習したから大丈夫ということは決して無いのですが操作や雰囲気を掴むぐらいでしょう。


通過によって特徴があるので、それぞれ少額で練習するのが実践的です。


⑤経済指標やテクニカル分析無視は危険

最近は政治家など影響力のある人のツイッターで変動する事もありますが、為替相場の動きを知るうえで経済指標やテクニカル分析は欠かせません。

まだFXに慣れていない初心者の方ほど軽視しがちですが、FOMCや米雇用統計など為替に大きな影響を与える指標の発表日時は事前チェックをしておきましょう。

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


証券会社によっては自動でテクニカル分析を行い、アイコンで分かりやすく表示してくれるツールを無料提供しています。


ですがこのわかりやすい、初心者でも〇〇というのが落とし穴です。

散々試しましたが、役に立ったことがないというのが本当のところです。

せっかくの無料便利ツールだからと言って使わないともったいないとか、ありがたい。


なんて言って、頼っているとどんどん時間も資金もなくなっていきます。


勝てるようになるためには、自分でチャートが読めるようになる必要があります。


そこが前提でトレードをすることがオススメです。

⑥週末にポジションを持ち越さない

ポジションとはFX取引をしている状態の事を言います。

FXは平日24時間いつでも取引できますが、週末は取引できません。 (※正確には時差の関係で土曜の早朝から月曜の早朝までの期間)

しかしFX取引は出来なくても為替市場自体が完全に止まっているわけではありません。

なので、週末に大きな事件や出来事が起こると為替変動が起きてしまいます。

変動がしても週末は手の打ちようがありませんので、初心者のうちは特に週末になる前に取引を終えておくようにしましょう。

⑦海外FX業者は使わない

FX会社には金融庁の認可を受けて国内で取引業務を行っている正規のFX会社と、認可を受けていない海外業者の2種類に分かれます。

国内でFX業務を行うには金融庁の認可が必要ですが、海外業者は海外拠点でネットを介して国内の人が行っているという体を取っているため捕まる事はありません。

その代わりどんなトラブルがあっても自己責任の下、自分で解決しなくてはいけません。

よくあるのが出金トラブル。

利益を出したからお金を引き出そうとしたら拒否された・・なんてトラブルもありますので初心者の方は金融庁に認可を受けた国内運営のFX会社で取引するようにしましょう。

金融庁では海外FX業者についての注意喚起を出しています。

FX初心者の方は、レバレッジが高いからなどという理由で利用して一発逆転を狙ったようなトレードをしないことをおすすめします。

国内のFX会社であればどこを利用しても問題ありませんが、人気のFX会社は総じて初心者向けのサポートが厚いです。

FX会社を選ぶときのポイントはユーザーサポートの充実度で選ぶようにしましょう。

また、スワップポイントやレバレッジなどメリットとデメリットが混在する仕組みがFXにはあります。

まずは出来るだけ低レバレッジで低スワップポイントだけど為替変動がゆるやかな「米ドル/円」などの通貨ペアから感触だけだったら慣れるために始めてみるのが良いです。

慎重にやるなら、仕様は実戦のリアルとは多少違うという前提で無料練習が出来るデモトレードでFXのやり方を学べばさらに安心して始める事ができます。


Q:初心者がFXを始めるのに最適なやり方は?

FX初心者の方はまず短期的なトレードでスキャルピングやデイトレードから始めてみるのが良いでしょう。

常に取引画面を見ているので相場の急変にも対応しやすく、売買を繰り返すため上達も早くなります。

またデイトレの様に売買を繰り返す手法はキャッシュバック条件を満たしやすいため、キャンペーンを無駄にしないやり方です。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


キャンペーンのために、取引回数を増やす。

キャッシュバックのために、エントリーするとならないようにしっかり分析してチャンスでないなら待ちましょう。

目的がブレとトレードも上手くいかなくなります。

あまり時間が取れない、と言う方は無理せず相場変動が緩やかな通貨ペアでのスイングトレードをおすすめします。



Q:FX初心者におすすめの通貨ペアはなに?

FX初心者におすすめなのはなんといっても 「ユーロ/ドル」「米ドル/円」です。

世界で1-2番目の流通量を誇るペアなので情報収集もしやすく、「円」はもちろん「米ドル」も馴染み深い通貨なので非常に安心感もあります。

まずはこのふたつでFXのやり方に慣れて、その後自分の取引スタイルに合わせて通貨ペアを変えていくのが良いでしょう。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢

例えばデイトレーダーに人気なのは「英ポンド」、別名殺人通貨です。 動くからと言って手を出すと勝つ時はいいですが負ける時には地獄の果てまで連れて行かれますので、スキルをしっかりつけてからにしてもいいでしょう。


長期運用する人に人気なのは「トルコリラ」です。がトルコなどに安易に手を出すととんでもない事になります。



Q:FXが初めての人向けな会社は?

FX初心者の方が選ぶときに大事にしたい基準は「スワップポイント」や「スプレッド」、「キャッシュバック」と言った数字的な比較ではなく、どれだけサポートやユーザーサービスが充実しているかと言う点です。

先に上げた、3社は数字比較ではなくどれだけユーザー目線になっているかを基準にして厳選したトップ3FX会社になります。



Q:FXのやり方が全然わからないです

本を買ったり、ネットでやり方を学ぶのも良いですが、FXがわからない!と言う方でも効率的&優しく学ぶなら私の体験レッスンやカウンセリングを受けてみましょう。


どこがわかって、どこがわかっていないのか? 何をすればいいのかは人によって違います。


そう言った場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料で最初に必要なことなどは学ぶ事が出来るので、最前線の生きたFXのやり方が身に付きます。

オンラインで受講できますのでラインよりメッセージしてみましょう。

おかしな教材の販売や無理な勧誘と言った事はしませんのでご安心ください。


Q:スマホとPCならどちらがやりやすい?

数年前までなら断然PCの方がFXはやりやすかったですが、FX会社も日々スマホ取引ツールの改良を行っており、今ではスマホでもPCとそん色のない取引を行う事が出来ます。


◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


↑よくある説明ですが、損益に関わってきますし


これは取引をするということに限った話です。


しっかり分析しようと思ったら必ず大きな画面で見て分析することを強くオススメします。


ノートなら14~17インチ、モニターだったらは23~27ぐらいが見やすいです。

また場所にとらわれずに出来たり、重要なお知らせや通知をすぐに確認できたりなど、今ではスマホで併用して取引するほうが効率はいいかもしれません。

PC取引がメインの方も取引中に停電が起きてしまった、なんて時のためにスマホでも取引が出来るようにしておくと安心です。



Q:FXのやり方を動画で学びたい

テキストで読むだけではななかなか頭に入ってこない時もあります。そんな時は動画でやり方を学びましょう。

例えば


私のオンラインチャート分析スクールではFX取引のやり方を動画で優しく解説してます。


順序だてて、ゼロから上級者向けにレベル分けしています。


学ぶべきこと、不要なことを厳選して効率よく確実にレベルアップしていただくことができます。

FX会社の動画配信でも学ぶべきことはできます当たり障りのない内容だったりで実践的なものは少ないです。


学ぶ順番や内容がぐちゃぐちゃだとかえって中途半端になり混乱する原因となります。



Q:FX初心者向けのアプリは何かある?

FX会社の中の独自で提供しているチャートは、必要最低限以下で実際はあまり役に立たないというのが自分の意見なのですが、トレーディングビューのアプリは分析するならプロでも申し分ない機能が揃っています。


パソコンと同じことがスマホやタブレットでできたり、同期されるので、家でしっかり分析して出先でチェックなんて使い方が最高に便利です。



Q:初心者向け講座・セミナーは何かある?

特におすすめな手順としては、


私の初心者向けの参考書を読んで基本的なイメージやチャートだけでなく業界の仕組を知っておくことです。


その上で無料カウンセリングや体験レッスンを利用して実践的なことを知って行くことと何をやったらいいのかは把握できると思います。


FX会社が無料開催している操作方法や講座・セミナーなどは活用できますが、実際の分析方法や技術的な面で言うとあまり役に立たないでしょう。


証券会社はいかに皆さんが口座開設をして頂いて、トレード回数を増やしてしてもらうかで収益が得られます。


そのため、いかにも初心者向けの簡単にできる移動平均線のトレード方法や、ちょっと凄そうに見えて簡単に真似できそうなボリンジャーバンドなどの手法の解説だったり紹介となります。


反対に、専門的な解説になると、基礎がわかっていないとまず難しすぎて意味が分かりません。


ここに独学でやる壁があるのですが、自己解釈や、理解したつもりになってしまうだけで中々通用しないから次のやり方を求めてしまったりしがちです。



Q:初心者向けのおすすめブログや本は?

トレードは技術的な上、専門的なことも多い為、ブログや本よりも動画で学んだ方が効率的にFXを学べます。

例えば


DMMFXでは初心者向け解説動画を、外為オンラインでは注文方法を優しく解説する動画を公開しています。

ブログや本の内容で専門的な事を書かれてるものは、余計理解と基礎知識がないと読んで満足となってしまいがちです。


ですので、基礎知識を動画で学んでおきましょうとなるのですが、無料、YouTube、ブログ程度では、学校の非実用的な勉強と同じような表面的なレベル程度しか学べないでしょう。


初心者にとって、どの順番から学べばいいかが分からないので独学はそこにも落とし穴があります。



Q:これで勝てる!みたいな稼ぎ方はある?

FXは投資なので100%勝てるような稼ぎ方は存在しません。

成功するために何よりも大切なのは、地道に経験を積んでいくことです。


その経験も、実践的な正しい基礎知識を元に積んだ経験でなければなりません。

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


初心者の方はFX会社が提供するデモトレードでやり方を練習したり、1000通貨など少額取引対応会社で無理なく実践経験を積んでいきましょう。


→正しい基礎知識や分析方法を知らないでひたすら練習しても上達にはならないでしょう。 最初によくあるのがトレードすると経験値が上がるという勘違いに陥ります。

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢


途中でもし失敗をすることがあっても、それがのちの成功への糧となるはずです。


→それは、ある程度のレベルに行ってからにしておきたいところです。

最初から失敗しないように勉強して練習すれば大失敗は防げるでしょう。



Q:でも失敗はしたくないのですが

失敗無くして成功なしです。でも実践での失敗はお金の損失となるのでやはり避けたいですよね。

上記のようにデモトレードで練習するのは勿論、失敗する人の共通点を見つけて反面教師にすることも大切です。

FXで失敗する人の共通点


  1. お金さえあれば稼げてしまう

  2. 独学で、ちょっと勉強しただけで通用すると思ってしまう

  3. 手法や自動売買、ツールなどで楽して稼ごうとしてしまう


ということで、『初心者必見の裏技的なFXのやり方・はじめ方!!』と題してお伝えしてきましたが、いかがでしたか?


なんどもお伝えしていますが、FXの取引自体が危険というわけではありません。

ただし、投資である以上リスクは存在します。


でも今回取り上げたことを、踏まえてやるのとそうでないのとは差がつきます。

確かに、投資・トレードを行うユーザーがリスクやルールを理解していないからこそ、FXそのものが危険とか難しいと思われたり、簡単にできると思って損失を出す問題は存在します。



ですが、今回の内容を踏まえてしっかりとした正しい方法で学んでいき基礎知識を勉強すれば投資としてのFXは非常に有益です。

そのことをしっかりと認識した上で、FXを始めていただければと思います。

この記事のように、FXの基本的な情報や、基礎知識を始めとして、使える相場のテクニックや、新たなシステムの情報などをお知らせしています。


『マンツーマンレッスン』や『∑NIGMAシステム』のサポートもしっかりやっています。

実際のトレード実況や、手法の解説も行なっていますし、ユーザーさんのトレードの解説や、実践状況などもLINEを使ってお伝えしています。

また、分からないところや、「こういった場合どうすればいいんですか?」という質問がある場合も、必ず公式LINEの方までご連絡ください。


是非、私のオリジナル手法やシステムを有効活用していただいて、うまくトレードをして、本当にいい人生を過ごして欲しいと思っています。

公式LINEには、そこでしか発信していないトレードの情報や、特典なども用意していますので、必ず公式LINEアカウントを登録するようにしてください。


-◇-◇- 公式LINEの登録このページの一番↓ -◇-◇-





ブログカテゴリー

投資やるならゼントレ.png

DISCLAIMER

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

予想しないトレーダーZEN ゼントレ® 2009-2021 All Rights Reserved.