黄 黒 フリーペーパー 雑誌の表紙.jpg

過去の経験は投資・トレードでは全く関係ありません。

初心者でも高度な分析ができるようになれるのが
ゼントレの特徴です。
 
それは、マンツーマンレッスンを軸とした着実な習得を重要視しています。

​これまで、教材や書籍など独学で学んで失敗してきた、

うまくいかないの主な原因はアウトプットや勘違い、

自己満的な理解度の差によるもので再現が確実にできていない部分によるものかも知れません。

Blue Computer Icon Technology Presentati

はじめに

はじめまして、こんにちはZENです。 

 

HP訪問いただきありがとうございます。

最初に皆さんにお伝えしたいエピソードがあります。

 

これは日本の個人投資家にとってもとても大切な話しになります。
 

5分ほどお付き合いいただければ嬉しいです。

準備は良いですか?

 

・・・それではスタートします。

 

相場の世界には垣根がありません。
 

インターネットがあればどこでもドルを売ったり、買ったりすることが
出来るのが特徴です。

 

世界中の通貨を日本円で売ったり、買ったり、
もしくは、ドルで、ユーロを売買することもできます。

 

そこでなぜ、私の『ゼントレという手法』を

公開するのか・・・? ということなのですが


例えば、為替
 

FX市場の1日の取引量は
日本円にして「500兆~600兆」だと言われています。

その大きな市場の中において、
個人投資家という括りだけで考えた場合の

日本の個人投資家が占める取引量は「50%~60%」を占めています。

「50%~60%」
 

では、大きな取引量を占める日本人は儲かっているのでしょうか?

答えは「NO」です。

実は、海外では初等教育から投資を学ぶ人が多く存在します。
 

だから、大きくなるうちに自然とお金に対する考えが育成され、
投資に向き合うマインドが醸成されていきます。

しかし、日本では「預金は安全」と洗脳され、
投資を学ぶ機会を得ないまま、大人になってしまいます。

「私、投資で生計を立てています!」と声を大にして言うと、
あいつ何か怪しいことをやっているのでは・・・?と疑われたりもします。
とても残念なことだと思います。

制限されていると、人は興味が出てくるのも事実です。

だから、

巧みな広告「簡単に儲かります」「投資しませんか?」などに引っかかり、
FX市場の取引量の40%-50%が日本人という不気味な構造になってしまうの
ですね。

何も学んでいない赤子のような状態で、
世界のプロトレーダーがいる世界に出ていってしまうのです。

少し考えればわかることですが、これは恐ろしいことです・・・

戦争に丸裸で出ていくようなものです。
 

投資の世界では、「狩る側」と「狩られる側」と表現したりします。

まさしく、お腹をすかせたライオンの前に、ノコノコと出ていく
シマウマのような存在=日本人投資家という構造なのです。

頑張って、汗水流して働いたお金を「狩る側」に
自ら、手を差し出しているような状態です。

しかし、

「狩る側」はあなたの大事なお金を狩り取っても
お礼も言いませんし、有り難いとも思いません。

当たり前の自然の摂理として、「狩る側」は「狩られる側」を
淡々と『狩り取る』だけなのです。

今回、『ゼントレ』を公開するのは、
 

日本人投資家を

「狩られる側」から「狩る側」に

育てたいと考えたからです。

もう一つの理由は、銀行や証券、ファンドも集団で戦略を考えて収益にかえています。

それに対抗するためにトレードスキルを皆さんにつけてもらい

将来的に様々なチャンスをシェアしていけるような

勝ち組トレーダーズコミュニティをある程度の規模にしたいと思っています。


 

私のこの想いに賛同し、「狩る側」であるプロトレーダーの
取引情報をもとにまずは、これから投資・トレードを始めるという方向けに

『ゼントレ ロジック』を公開することになりました。
 

最初から独学で学んでください!

と言っても、
 

何も教育を受けてこなかった日本人がそう簡単に勝てる世界ではありません。
 

なので、そういった場合にはまずはこのHPやLINEなどで正しい知識で真似をするところからスタートして欲しいと思います。
 

武道の世界で有名な言葉に
守破離(しゅはり)があるのは有名ですよね。

まずは、このやり方を真似て型を作って欲しいと思います。
 

そして、基本の内容が当たり前に理解できる

または、初心者から早く脱したいという方には
 

この裁量取引で15年の実弾検証をした再現性の高いロジックを
学び、次のステージに進んでいただきたいと考えているのです。

これが私の『ゼントレのロジック』を公開することに
至った経緯ですが、続きをお伝えします。

 

この『ゼントレのロジック』が

わかってくると何百万も稼ぐ人が出てくると思いますし、
そうなるために、出し惜しみ無く情報を提供していきます。

内容はハッキリ言って簡単ではありません。

 

ですので一方的に教材やPDF、動画を見て勉強してね!  

というスタイルは無理があると判断しお教えする際には

マンツーマンレッスンで完全にゼントレをマスターして欲しいと

思っています。

マンツーマンレッスンの場合は、一人一人に合った方法で

懇切丁寧にお教えしていきますので

見切れないという状態を作りたくはありません。

そこで一ヶ月ごとに人数限定で直接

『ゼントレ』を伝承します。

特に、これまで失敗したから今度こそ! と思っている方や

他力本願では勝てないということに気づきトレードを本気でマスターしたい

と思った方だけに、裁量取引で15年の実弾検証をした

再現性の高いロジックを学んで欲しいと思っています。

そして、私がいなくても独りでトレードができるスキルと
環境を作っていただきたいと考えています。

 

ただ、単純にマンツーマンレッスンで教えます!

と言っても行動してくれる人じゃないと
実績を出すのは難しいと思います。

 

そういった場合には、無料のカウンセリングや体験レッスンを通じて、実際のトレーダー思考を知った上で興味をお持ちいただいた方にこのロジックを伝承することにしました。

​ゼントレの内容をもう少し詳しくご紹介します。

トレードスタイルは、主に デイトレ、スィングトレード

対象は、FXがメインですが、他に株式指数、株、商品先物、ETF、仮想通貨にも分散投資していきます。

一部、チャンスがあるときは短期のスキャルまたは、バイナリーオプショントレードも行いますが、これらを対象としたトレーディングスキルに共通スキルが学べるFXを先ずは覚えていくところからはじめていきます。

他の市場は、それぞれ特徴などはあるものの取引の仕方やチャート分析はFXと何ら変わりません。  結局大口の投資家やファンドなどもこの方法で利益を分散しながら投資しているわけで、値動きや分析方法が同じようになるということはなんとなく想像いただけると思います。

この組み合わせをすることで、世界のお金の動きに応じてやってくるチャンスを掴み短期的に複利を用いて資金を増やしていくことが可能になってきます。

FX専業トレーダー育成プログラム.jpg

投資・トレードの強力な味方
 
ZENオリジナルトレーディングシステム ∑NIGMA (エニグマ)

 
勝ち組に早く近づくための機能搭載トレーディングシステムで月に20%の利益を出した場合のシュミレーションがこちら

10万円スタート 一年後 約86万円
20万円スタート 一年後 約173万円
30万円スタート 一年後 約260万円
40万円スタート 一年後 約346万円 

これは、増えた元手は一年間そのまま次の月に回していく複利運用をした場合です。  

投資はお金さえあればできますが、知識やスキルも必要です。 

人によって金銭感覚の問題などもあり、運用して扱える金額が違います。
そのために1年ぐらいかけてやる必要があります。

勉強しながらスキルも上げて、扱える金額を少しずつ上げてながらやる必要があります。


例えば

​10万円スタートだったとしても一年で得た86万円スタートして2年目トレードすれば、月収100万円を狙うことができます。

重要なのは、
スキル と 扱える資金 のバランスです。 

​また、これより高いパフォーマンスを狙おうとすればするほど無理が生じます。  

月利20%でもかなりのハイパフォーマンスですので、これが上限だと思って取り組むぐらいの方が結果的に成功率は高まります。

​(プロの運用者でも、これは高い収益結果です。 これは個人というアドバンテージがあるので可能になってきます。)



資金が増えるのが早すぎると、スキルが追い付かなくなります。  

スキルがあって結果的に資金が増えたという状態が望ましいです。

それが、月利20%前後でしょう。